体験談5

はじめまして、わたしは結婚して31年にになる主婦です。新婚のころから主人が長男なので、はやく子供をつくって姑の住んでいる古い家を新築して同居してほしいと
毎日のように私たちの住んでいるアパートに夕飯の時間に姑の作ったお惣菜を持って訪ねてきました。中にいれないわけにいかないのでどうにかむかつく気持ちを抑えて
招き入れましたが、そこでかならずわたしのつくった夕飯をチェックされました。あるときわたしがきょうはチキンライスにしようとおもい、本をみながら鶏肉やお野菜を
丁寧にブイヨンでにこみ、トマトソースで材料を煮こんでやっとできたころ、姑からでんわがかかってきて、きょうの夕飯はうちに食べにきなさいと言われました。いままで
つくったこともないそれは美味しいチキンライスを作ったから今日は行けないとやんわりと断ると、姑が激怒してしまい、そんなのあしたたべればいいじゃないかと言われました。わたしは朝からあんたたちのためにおでんをつくったんだからといわれ、泣く泣く自分のつくったチキンライスを冷凍しようとおもいましたが、ちょっとかんがえて
わたしのつくったチキンライスも一応姑のところに持っていこうとおもい、旦那の車にのせて運んで行きました。そうしたら、姑が家のまえで待ち構えていました。
よくきてくれたと言われたのはいいのですが、旦那がわたしが作ったチキンライスを車から出して、これ嫁が一生懸命作ったからもってきたよと姑にチキンライスを姑めに
わたそうとしたときです。お前はあたしが作ったものより、嫁の作ったものが食べたいのかい?と言い出しておどろきました。それもすごいいきおいでどなったんです。
わたしは姑が自分の息子が自分より嫁の作ったものをもってきたことに嫉妬した激しさに、びっくりしました。そんなのいいからといったのです。
わたしはまだ27歳のころで、これが嫁姑もんだいというのか?と思いゾッとしました。あれから31年たちましたが姑の嫉妬は相変わらずです。その当時のことをいまでも
思い出すといまでも鳥肌がたつし、むかつくしでそれ以来姑と食事をすることを避けてきました。旦那はいまでも年老いた母親とわたしの間に挟まって苦労をしています。
おっかない姑はいまでも現役で、嫁になんか負けるもんかと、頑張っています。いい加減わたしのほうが疲れきってしまい、先に死にそうだと毎日ため息をついています。

体験談4

息子を出産するときの話です。
お腹の中にいるのが男の子と判明してから、孫フィーバーがさく裂していた姑。
「その時(出産時)になったら、傍で励ましてあげるからね!!」
など、頼んでもいないのに立ち会う気満々でした。
私はというと、立ち合い出産は個人的にやりたくなかったので夫にすら「生まれたら連絡するね」というドライっぷり。
当然、実母にも生まれてから連絡する気でした。
そのため産院にも、身内には生まれてから連絡するので分娩室に入っても夫や親族には連絡不要です。と事前に申告しておきました。

ところがいざ陣痛が始まり産院へ入院し、部屋で陣痛の波に耐えていると部屋に誰か来たのです。
「こんにちは~!いよいよだね~!」と、なぜかそこにいる義母。
うっかり夫が口を滑らせたようです。
「どう?辛い?辛いよね?腰さすろうか?」と、怒涛の労わり攻撃が始まりました。
「大丈夫です、まだそんなに痛くないです。」とやせ我慢をするも、機械に繋がれているので痛さが数値でバレます。
「我慢しちゃダメよ、数字が増えてるよ」と案の定突っ込まれました。

しばらく義母と陣痛に耐えているとタイミングよく(?)破水する感覚があったので、
「すいません、ちょっとナースコール押してショーツ交換してもらいたいので席を外してもらえませんか」
と渾身のお願いをして、なんとか助産師さんと2人の状況を作りました。
部屋に来てくれた助産師さんは、義母を廊下に出してショーツを交換してくれながら、
「もしかして、お義母さん勝手に来ちゃった?」と小声で聞いてくれました。
夫が口を滑らせた可能性と、なんとか義母を帰らせたい旨を助産師さんに伝えると、
「任せてください。」
と頼もしい一言。どう丸め込んでくれたのかは定かではありませんが義母は帰っていきました。
帰る前にナースルームの前で「どうか、どうか娘をよろしくお願いします。」と感極まって泣いていたそうです。

結局、私が入院して出産している間、夫のスマホには30分おきに「どうですか?」と連絡が入っていたらしいです。
「帰らされちゃって悲しいし、寂しいな。」とも言っていたそうで、呆れました。
生まれた息子のことは可愛がってくれますが、未だに思い出すとイライラする出来事でした。

体験談3

2歳の男の子を育てる主婦です。
主人が一人っ子で中々結婚せずにやっとできた初孫だから可愛いくて仕方ないのは分かります。
この話は私が息子を出産直後の入院中の出来事です。

私は、血圧が高く骨盤も少し狭かったのでもしかしたら帝王切開になるかもしれない。と先に言われていました。

促進剤を使用するために朝から入院し、当日中に陣痛がつかなかったので翌日お昼を過ぎても陣痛が来なかったら帝王切開すると言われていました。
入院前に夫に
「出産直後はとても疲れているから生まれてから義父母を呼んでくれ。」
と何度もお願いしていました。

翌日、午前中に陣痛はきました。
先生の勧めで
「陣痛中のいきみで血圧が上がり過ぎる可能性があるから無痛分娩にしましょう。」
と無痛分娩にしましたが、それでも私の血圧が上がり過ぎてしまったので緊急帝王切開。

産後、ボロボロの状態で分娩室から出たところ、姑がいました。

そこで第一のイラッ!

夫に聞いたところ
「勝手に病院に来たんだから仕方ないだろ!」
と言われました。
義母と実母の目の前で
「お腹切ったし、3~4日は見舞いは断ろう!」
と夫が言ってくれたので安心しました。

帝王切開なので翌日は動けません。
やっと動けるようになり、初めて生まれた我が子を部屋で抱っこした瞬間、義父母が病院にアポなしで来たのです。
私は入院してから4日間、風呂に入っていません。
促進剤からの陣痛に耐え、看護師に胸に乗られ、ブロック注射2本射って、お腹を切ってまで生んだ我が子と会えて抱っこできたのに…
ここで第2のイラッ!

私には姉妹が数人いるのですが、みんな結婚して大きい子はもう高校生です。
お見舞いに来るのも日程調整をして大変です。
だから夫の叔母達がお見舞いに来る日を何度も何度も夫に確認し、その度に夫は義母に確認してくれていました。
私の妹が車で1時間以上かけて、家族を連れてお見舞いに来てくれる予定の日、義母たちは面会開始時間に来ると話していたので時間に余裕を持って来てくれるように頼みました。
夫にも
「もう妹たち来ちゃうよ。せっかく来てくれるのに時間が被ったらお互い気を遣うでしょ。」
と言って連絡して貰いましたが、繋がらず・・・

妹たちが来て10分足らずで義母たちが来ました。
しかも遠慮なく、息子を抱っこします。
妹たちは気を使ってすぐに帰ってしまいました。
ここで第3のイラッ!

体験談2

理不尽な文句の多い姑から、あるところへ遊びに連れて行けと言われ、行った時の事です。
どうやら、実の娘と行くはずがドタキャンされたらしい。
その日、夫とともに姑のところに行くと、「本当は娘と行きたかったのに」と早速始まりました。
それを聞いた夫はあきれて不機嫌になり帰ろうと言います。
私も内心は同感でしたが、本当に帰るわけにも行かず何とか姑をなだめようやく出発。
目的地に着くと、すぐに疲れた、思ったより面白くないを連発。
イラッときましたが、正直、私も興味のない場所だったので早めに切り上げて食事に行くことに。
何でもいいと姑が言うので、和食店に入りました。
メニュー表を見ながら、「食べたいものがない、洋食が良かった」とのたまう姑。
だったら最初から言ってよ。
ここでいいって、入る前に言ったよね。
なんなら私も洋食がよかったですわ。
どうせどこへ行っても何かしら文句言うでしょ。
そう言いたい気持ちを抑えて「私たちは決まったから、先に注文しますね。お義母さんはゆっくり選んでください」と笑顔を向けました。
そしてすぐさま店員さんを呼んで注文していると、慌てた姑が「私も同じものでいい」と。
「えっ本当にいいんですか。もっとゆっくり選んでいいのに」と言うと、「いいよ、何でもおいしく食べるから」ですって。
料理が来ると、油っぽいだ、味が濃いだと文句の嵐。
その割には、まったく残さずキレイに平らげていました。
そして、帰りは買い物に付き合わされたのですが、結局目当ての物がないと言うので、家へ送り届けました。
ところが、やっぱり先ほどの店で買えばよかったと言うのです。
そこは、家からかなり離れた場所で、到底戻る気になんかなれません。
「後で娘に行ってもらうからいいや」
と言う姑の言葉を受け、その気が変わらないうちにさっさとおいとましました。

体験談1

お家にお邪魔した際に、ご飯を頂くことになりました。その時は旦那の好きな食べ物がたくさん出てきます。旦那がおいしいと連呼しながら食べるのを見て喜ばれています。食べ終わって食器を一緒に片づけているときにいつもその時の料理のレシピを一から説明してきます。とてもイラっとします。あの子はこれが好きでこれが嫌いだよ。この料理はこうやって作って、と。たまにはこれも作ってあげてねって言われます。私は毎日仕事しながら料理も作ってますしお弁当も作っています。野菜もしっかりとるように考えています。その上でこんなことを言われるととてもイラつきます。また、私が若いので煮物等よく持たされます。これ旦那が好きだから持って帰って食べてねと。すべては旦那の為とはわかりますがそんなにがっつり出されるとこっちも嫌なので実際頂いたものには手を付けません。こういうことでしかストレス発散できないので。若いからわかっていない、若いからできない、若いから心配。若くてもできる人はできますから。若いからと言っていろいろ決めつけてくるのはやめてほしいです。また、暮らしが全く違うのでいろいろな考えも違って大変です。旦那は田舎暮らしで私は都会くらし。もちろん農家です。わたしはやったこともなければ見たこともありません。できなくて当たり前だと思います。田んぼがないところに住んでいましたし。私も農家というのを覚悟して結婚したので心の準備はできていましたが若いし田んぼもしたことないからそこは気にしないで、しなくていいから、と。いや、私はしたいわけでもないですが、したくないとは一言も言っていません。いつも一言一言にトゲがあるのです。きっと私と結婚してほしくなかったのでしょう。息子が選んだ人だから許されてのでしょう。